疲れ目お悩み研究室

眼精疲労・ドライアイ・老眼など、目に関する悩みを解決していきます

【目のサプリ“えんきん”をレビュー♪】効果は本当?実際に飲んで試してみました

つらい目の疲れや、視界のぼやけ、老眼などに悩んでいる方にとって、気になるサプリの1つ、ファンケルの「えんきん」。えんきんは、様々なサプリメントを発売している大手メーカーファンケルの中でもNo.1の売上を誇っているそうです。

えんきんはなぜ売れているのか?含まれている栄養素は?ほんとに効くの?そんな疑問を解消すべく、老眼で悩んでいる母と共に実際に飲んで調査してみました。

いきなり結論!どうなの、えんきん?

いきなり結論ですが、えんきんは期待どおりでした

そもそも、えんきんを選んだ理由が

・目にいい成分がバランスよく入っている
・きちんと科学的に効果が証明されていること
・価格が手頃で続けやすいこと

この3つです。中でも、目に良い成分であるアスタキサンチン・ルテイン・アントシアニン・DHAのこの全部が入っているサプリは他に無かった事が決め手でした。

もともと、わたし自身が眼精疲労に苦しみ、なにか良い解消方法は無いものかと調べていくうちに、誰よりも目について詳しくなってきていました。そして、そのメカニズムや、効果のあった解消法などをお伝えしようと立ち上げたのがこのサイトですが、特にサプリメントは体に直接取り込む物だけに、ご紹介するのは少し抵抗があったんですよね、、

でも、実際に飲んでみて確かに良かったので今回はしっかりとレビューしてみようと思います。

→ FANCLの「えんきん」公式サイトはこちら

レビューの前に、わたくし管理人の「視生活」とは?

「私生活」ならぬ「視生活」…すみません、勝手に名付けました(^_^;)

えんきんをレビューしていく前に、わたくし管理人の日頃の目の使用状況をお伝えしておきたいと思います。

■管理人ひとみの視生活♪

・31歳女性 メディカルアシスタントとして、都内の中堅病院に勤務
・自動車通勤
・仕事ではほぼ常時パソコンを使用し、一日8~9時間勤務
・休み時間はスマホでSNSのチェックや投稿をしている
・帰宅してからは、YouTubeでうさぎの動画を見て癒やされるのが至福のとき

わたしの平日の一日は、こんな感じです。

自分で書いていて、改めて「こりゃまずいな…」と思いました。こんなに目を使うことばかりじゃ、眼精疲労にもなるわけです…でも、レビューの間は同じように過ごしてみようと思います。でないと、サプリの効果なのか、視生活の改善による効果なのかわからなくなってしまいますからね。

あと、えんきんと言えば「ピント調節をサポート」という謳い文句!

今回は、もう一人の被験者を用意♪わたしの母「あい」です

■管理人の母「あい」の視生活♪

・54歳女性 パートとして、ネット通販の会社で事務をしている
・自転車通勤
・仕事ではほぼ常時パソコンを使用し、一日5~6時間勤務
・趣味は読書

「最近急激に老眼が進んだ…」という母…

趣味の読書も文字が読みづらいと悩んでいたので、これは是非一緒に試してもらおうと思い、ついでに母の分も購入して実家に送ってあげました。

公式サイトから早速えんきんを注文♪

さて、早速公式サイトより注文しました。→ FANCLの「えんきん」公式サイトはこちら

注文した翌日、商品はすぐに自宅に到着!

ちなみに、注文時に配達場所を指定できるオプションがありました。私は、「自転車のカゴの中」を選択。

ちゃんと、指定した自転車のカゴに入っています。

帰宅が遅かったり、不規則な生活をしている方にとっては、せっかくの便利な通販もなかなか受け取れなかったりするのがネックなんですよね…
そんな方にとっては、ファンケルの通販は配達場所がいくつか指定できるのが嬉しいところ♪

「自転車のカゴなんて不用心じゃないの?」と不安な方は、ちゃんと在宅時に受け取れるように日時指定するしかないですね…

私は、ファンケルからの薄い箱なんて誰も盗らないと思ったし、万が一盗られてもまぁいいかと思える程度だったので自転車のカゴに入れておいてもらえるサービスはすごく便利でした。配送業者の負担軽減にもなるのもGoodですね♪

届いた荷物の梱包はこんな感じ。

過剰梱包ではなく、商品を破損から守り、紛失を防ぐにはちょうどいい感じですね。

早速とどいた荷物を開封してみます。はじめましてファンケルさん。

箱の中に入っていたものを広げてみます。

箱の中に入っていたもの

・えんきん14日分×2
・はじめましてファンケルです
・大人のための目の健康BOOK
・「えんきん」を今日から始めるあなた様へ
・卓上カレンダー
・払込用紙

商品と一緒に同梱されていた「大人のための目の健康BOOK」には、お医者さん監修で、目に必要な栄養素や、目の病気についてわかりやすく解説されていました。

ちゃんと、えんきんを効率的に活用するための摂り方の説明書も入っていましたよ♪

卓上カレンダーは、時期的なオマケかもしれません。これからカレンダーや手帳を考えなきゃっていう時期だったので、ちょうど良かったです。

払込用紙で決済の場合

そういえば、注文する時に決済してなかったけど、どうやって支払いするのかとちょっと不安だったのですが、払込用紙は箱に同梱されていました。つまり後払いですね。

コンビニで支払えるので便利!到着から10日以内に支払えばいいそうです。私は忘れないうちにと、すぐに近所のコンビニで支払いを済ませて来ましたが、決済手数料もかかりませんでした。

→ FANCLの「えんきん」公式サイトはこちら

えんきんを徹底解剖

えんきんを袋からだしてみました。一袋に入っている二週間分ってコレくらいの量です。

一日2粒が目安なので、28粒です。一日あたりの飲む量が少なくていいのが楽でいいです。


一粒の大きさはこんな感じ。一番幅のあるところで約12mm位のソフトカプセルです。海外製サプリメントの中には、飲み込むのが大変な大きさの物もあるので、日本人にちょうどいい大きさにちゃんと考えられていますね。

せっかくなので徹底解剖!ということで、切ってみました(笑)



中身はドロっとした赤茶色っぽい液状のものが詰まっています。のばしてみると、白いお皿にべったりと赤茶色のエキスがこびりつきます。えんきんの主成分は、ルテインアスタキサンチンアントシアニンなどの色素ですので、それらがぎっしり詰まっている証拠ですね。

試しに水に溶かしてみようかと思ったのですが、分離してしまって溶けませんでした…

成分を確認してみると、どうやら植物油魚から抽出した油が入っているようです。アスタキサンチンやルテインは脂溶性(油に溶けやすい性質)なので、そのまま飲んでも吸収しやすいように考えられているんですね。

→ FANCLの「えんきん」公式サイトはこちら

えんきんを飲んでみる


えんきんを飲んでみました。ソフトカプセルに入っているので通常は味も匂いもしませんが、切ってみた中身もせっかくなので舐めてみました。味は…おいしい物ではありません…ちょっと苦味のある油って感じです。まぁ、わざわざ切って飲む人もいないでしょうから、関係無いですけどねぇ…

ちなみにこのソフトカプセルは植物由来のものだそうです。カプセルには牛や豚のゼラチンで出来ているものもあるようなので、体のために細かいところまでこだわってくれているあたりが、安心感につながります。

えんきんに飲み方はあるの?

えんきんは食品ですので、薬のような細かい飲み方の指定はありません(というか、薬機法的にできない)

一日に2粒を水などで飲むのが目安量になりますが、基本的にいつ飲んでも問題ありません。ただ、習慣化するには、例えば「朝食後に飲む」とか、定期的に飲む時間を決めてしまったほうが良さそうです。あと、一日二回に分けて一粒づつでもいいですが、忘れそうならいっそ二粒まとめて飲んでしまったほうがよさげです。

    • えんきんの主成分の一つであるアントシアニンの効果の持続時間は体内に取り込まれてから24時間で、その後はやがて排出されてしまいます。なので、できるだけ決まった時間に飲んだ方がいいでしょうね

えんきんに含まれる成分【安心の機能性表示食品】

えんきん成分表

■名称 ルテイン・アスタキサンチン含有食品

■栄養成分表示/1日2粒(774mg)当たり
エネルギー:5.0kcal、たんぱく質:0g、脂質:0.43g、炭水化物:0.29g(糖質:0.25g、食物繊維:0.03g)、食塩相当量:0.008g

■機能性関与成分/1日2粒(774mg)当たり
ルテイン:10mg、アスタキサンチン(フリー体として):4mg、シアニジン-3-グルコシド:2.3mg、DHA:50mg
※シアニジン-3-グルコシドは、ブルーベリー(ビルベリー)エキス20mg、黒大豆種皮エキス26.5mgに含まれます

■原材料名:食用油脂、DHA含有精製魚油、アスタキサンチン含有ヘマトコッカス藻エキス、黒大豆種皮エキス、ビルベリーエキス /加工デンプン、グリセリン、ゲル化剤(カラギナン)、ミツロウ、ルテイン・ゼアキサンチン含有マリーゴールド色素、酒石酸、リン酸ナトリウム、酸化防止剤(ビタミンE)

内容量 10.8g[(1粒内容量240mg)重量387mg✕28粒]

えんきんは安心の「機能性表示食品」です。機能性表示食品とは、2015年からスタートした比較的新しい制度で、メーカーが臨床試験を行った上で、科学的根拠に基づいた安全性や機能性が期待できると実証され、国に届け出がされているものになります。

ちなみに、えんきんは、目のサプリメントして日本初の機能性表示食品なんだそうです。

えんきんに含まれる機能性関与成分は、次の4つですね。

●ルテイン
●アスタキサンチン
●シアニジン-3-グルコシド
●DHA

今まで、サプリメントはあくまで健康食品であり、その機能を謳うことは出来ませんでした。ですが、えんきんは機能性表示食品として届出がされているので、このように書いてありました

●本品にはルテイン・アスタキサンチン・シアニジン-3-グルコシド・DHAが含まれるので、手元のピント調節機能を助けると共に、目の使用による肩・首筋への負担を和らげます

ですって!

目の網膜の中心部である黄斑や水晶体に多く含まれているルテイン、抗酸化作用が非常に高いと近年注目度が急上昇しているアスタキサンチン、視神経や網膜を保護してくれるDHAは目のサプリとしてはもちろんのことですが、わたくし管理人がキラッと目を光らせたのはこの「シアニジン-3-グルコシド」が入っていることです!

シアニジン-3-グルコシドと聞くと耳慣れない成分かもしれませんが、シアニジン-3-グルコシドはアントシアニンの一種です。

アントシアニンといえば、ブルーベリーやカシスに多く含まれる目に良い成分として有名そですが、このアントシアニンの中でも、黒大豆の皮の部分に多く含まれる成分であるシアニジン-3-グルコシドは、他のアントシアニンと比べて格段に抗酸化作用が高く血流促進作用があると言われているんですよね。

まだ、他のサプリメーカーがあまり採用していないので、これをわざわざ使用するあたり、「やるな…ファンケル…」と、わたしのメーカーに対する好感度は一気に高まりました(笑)

    • 詳しい成分の効果については、私よりメーカー公式サイトの説明のほうが分かりやすかったので、そちらを御覧ください→FANCLの「えんきん」公式サイト

飲んでみて実際どうだったのか?

サプリメントは薬ではないので、即効性はありません。なので、すぐには判断できないと思い、追加注文をしてしばらく(約一ヶ月)継続してみてのレビューになります。

私の仕事はパソコンの使用が多く、いつも夕方になると目がしょぼしょぼしてしまい、データの入力ミスをしてしまうことも時々ありました。でも、飲み始めてから3週間ぐらい継続してからふと気が付きました「そういえば帰る頃になってもあまり目がショボショボしてないな」と。

それと、車で通勤しているのですが、帰宅時の夜道の運転の負担が減った感じです。

劇的な変化があるというわけではありませんが、えんきんを飲み始める前は帰る頃には目が痛くなり、肩コリや頭痛にも悩まされていたので、疲れの溜まった週末は一日中寝ていることもしばしばでした。

でも、最近はそういう事が明らかに減っているという事を実感しています。目の痛みや、頭痛、肩コリなどの眼精疲労の代表的な症状にはホントに人生暗く感じていましたが、この悩みから解放されてからというものの、なんだか日々の生活が明るく活発になったというのは確かです。

老眼の母はどうなったか?

いままで老眼のために趣味の読書が苦痛になりかけていた母あい…

二袋目を飲み終える頃には文字が以前のようにくっきり見えるようになってきたとのこと。また、夕暮れ時に自転車で帰宅する時も、ピント調節に時間がかかっていたのが、負担が減ったそうです。これで、また以前のように読書を楽しめると言って喜んでいました♪

→ FANCLの「えんきん」公式サイトはこちら

えんきんのいいところ・悪いところ

メーカーサイドからではなく、わたくし管理人の視点により、えんきんを飲んでみて思うところをまとめてみました。

えんきんのいいところ

■機能性表示食品である

目のサプリメントの中ではまだ少ない機能性表示を取得していること。やっぱり、大手メーカーならではの安心感ですね。

■目の健康に良い4大成分が全て入っている

アスタキサンチン・ルテイン・アントシアニン・DHAという、目に良い成分四天王が揃っている!

中でも、シアニジン-3-グルコシドが入っていることが高評価です。これはなかなか無い…アスタキサンチンはヘマトコッカス藻、ルテインはマリーゴールド抽出のものが使用されているので、石油由来の合成成分が使われていないのが嬉しいです。

■吸収しやすいように配合を設計されている点

いちいち飲む時に他の食べ物と一緒にとか、面倒くさいことがない。脂溶性成分の事をちゃんと考えてますね。

■価格が安い

一日あたり72円と、他のサプリと比較しても破格ですね…その割に品質がしっかりしているのは、売れているからこそできる事なのかなと思います。継続しやすい価格なのがありがたいです。

■合成着色料・保存料無添加

体に良い成分をとりたいのに、体に悪いものが入っていたら元も子もないですよね…
そのあたりも配慮が行き届いていて嬉しいです。

えんきんの悪いところ

■良くも悪くもバランス型

4大成分が入っていることは良いのですが、個人的にはもう少しアスタキサンチンが入っていたら酷い目の疲れをできるだけ早く何とかしたい人には良かったのかなと思います。

あと、欲を言うとゼアキサンチンももっと欲しかった…まぁ、そうなると値段も上がっちゃいますしね…価格もバランス型ということなのかな(^_^;)

えんきんはこんな人におすすめ

・ちかごろ手元の小さい字が読みにくいと感じる
・スマホやパソコン、TVゲームなどで目を酷使している
・目の酷使で、首や肩まで凝ってしまっていて辛い
・夜の自動車運転が多い
・食生活だけでは十分な栄養をまかないきれない…

こんな人にはおすすめ出来ません

■継続できない方

サプリメントは即効性のあるものではありません。継続して飲むことで、体内の環境を変えることによって初めてその機能が発揮されてきます。飽き性な人は、一日一回だけ…ちょっと頑張りましょうね(^_^;)

■疾病の治療を目的としている方

緑内障、白内障、飛蚊症、加齢黄斑変性症などの目の病気の予防などに注目されているルテインやアスタキサンチンといった成分が多く含まれてはいますが、えんきんは薬では無いので治療を目的としたものではありません。目の機能維持のために、食生活だけでは補いきれない栄養成分を補助するために飲みましょう。

今だけ初回購入特典がある

えんきんはコンビニでも販売されています。楽天でも買えるので入手しやすいサプリですが、当サイト下の公式サイトリンクからの購入だと、限定で今なら初回お試し一袋二週間分がもう一個付いて1000円で購入できますつまり、合計4週間分!しかも、初回限定で送料も無料です(通常は360円かかります)。

ファンケルは、今季のえんきんの売上を27%増に目標を掲げており、そのための販売促進施策の一環なのかと思います。このキャンペーンはいつまで続くかわからないので、「えんきんを試してみたかったけどなんだか踏みきれずにいた」という方は、お試しで購入するにはまたとないチャンスかと思います。

えんきんまとめ

人気のサプリ「えんきん」のレビューをお届けしてまいりました♪

さすがに、ファンケルは大手メーカーだけあって、細かい配慮と、高いコストパフォーマンスが感じられる商品だと感じました。売れているのもうなずけます。

サプリメントは毎日の継続が大事なので、えんきんは経済的にも続けやすいお手頃な価格なのが嬉しいですね。特に、初回限定の価格は完全に赤字でしょうねぇ…それだけ、リピートに自信があるということなんだと思います。

今回は一ヶ月でのレビューとなりましたが、私ももう少し長い期間継続して、その後の経過をまた報告したいと思います。

眼精疲労や老眼など、誰でも経験する身近な目のトラブルにお悩みの方は、ぜひこのお買得期間中にためしてみてはいかがでしょうか

ファンケルの「えんきん」公式サイトはこちらファンケルのえんきん