疲れ目お悩み研究室

眼精疲労・ドライアイ・老眼など、目に関する悩みを解決していきます

【VDT症候群ってなに?】パソコンやスマホの使いすぎには注意!

VDT症候群という言葉をご存知ですか?

あまり耳慣れない言葉かと思いますが、VDT症候群とは次のようなものです

VDTというのは、“Visual Display Terminal(ヴィジュアル・ディスプレイ・ターミナル)”の頭文字をとって略したもので、パソコンやスマートフォン等の映像表示機器のことです。これらVDTを使った作業をVDT作業といい、それに起因して表れる症状や疾患のことをVDT症候群といいます。別名として、「IT眼症」や「テクノストレス眼症」という呼び名もあります。

このVDT症候群による影響は、目のみに留まらず全身に及び、時には心にまで影響を及ぼす事があるほど、決して軽視は出来ない病です。

実は、このVDT症候群には厚生労働省も早くから注目しており、2002年には既に「新しい“VDT作業における労働衛生管理のためのガイドライン”の策定について
」という指針を発表しています。

それほど、このVDT症候群は、現代の日本社会において真剣に向き合うべき問題となっているといえます。

VDT症候群の症状

VDT症候群の症状には様々な物があります。目への影響は勿論のことですが、身体や心にも関連して出てくる症状があります。

■目の症状

目が重い
目がかすむ、ぼやける
目が乾く
目が痛い
目の充血

■身体の症状

肩・首のコリ
背中や腕がダルい・痛い
頭痛
手足がしびれる

■精神への影響

イライラする
不安感
うつ

これらの症状が、代表的なVDT症候群の症状です。目だけでなく、身体や精神的な感覚に至るまで様々な症状があるというのが特徴です。

では、なぜこのような症状が出てくるのでしょうか…?次の項目ではその原因について解説していきたいと思います。

VDT症候群の原因

VDT症候群になる原因を辿って行くと、その原因は作業時の姿勢からくる負担と、モニターの光によるの目への影響が考えられます。

作業時の姿勢

パソコン等のVDT機器を使った作業をしている時は、つい集中して同じ姿勢を保持したままになっていることがよくあります。

集中してパソコンデスクに向かっている姿勢を考えてみてください。腕を前に伸ばした状態で、首も肩も腰も動かさずにいるって、本来の人間らしい生活からするととても不自然ですよね。

街中で、銅像のように全く動かないパフォーマー(※スタチューパフォーマンスと言います)を見たことがありますか?

想像してみてください。スタチューのように意識的に同じ姿勢を保持するって辛くないですか?しかも、無理のある体勢ならなおさらです。

パソコンに向かっている時、無意識のうちにそれと同じようなことをやっていることがあります。身体や視線は微動だにせず、ひたすら手だけ動かし続けているわけです。

集中しているからその時はあまり疲れを感じないかもしれませんが、作業が一段落すると、ドッと疲れが押し寄せてきます。

この疲れは、無理のある姿勢を長時間保持することで大きな負担がかかっているという証拠です。

モニターの光

最近のVDT機器のモニターのバックライトにはLEDが使われている物が増えてきました。このLEDを使用したVDT機器から発する光には、目に負担の大きいブルーライトが多く含まれています。

ブルーライトは、自然界に存在する可視光線の中に含まれている物なのですが、波長が最も短いため、目の表面(角膜や水晶体など)で吸収され弱まること無く網膜まで達してしまいます。このため、目に大きな負担がかかることになります。

このブルーライトの問題は、目への直接の負担だけでなく、自律神経のバランスを乱してしまうため、不眠等に陥りやすく、それが身体や精神へまで影響を引き起こすまでに繋がることになるのが厄介なのです。

VDT症候群を防ぐには?

さて、このVDT症候群を防ぐにはどのような対策を施していけば良いのでしょうか?

その対策をまとめてみましょう

作業時の姿勢に気をつける

決して無理のかからない姿勢で、背筋を力み過ぎない程度に伸ばし、肩や腕に力みが入らないようにします。

また、モニターは少し見下ろす位の角度の位置に置き、十分な距離(最低でも50cm位)を取るようにしましょう。

そして、時々は意識的に姿勢を変え、負担が身体の一部に集中しないようにすることがポイントです。

モニターの輝度と部屋の明るさの調節

モニターは明るすぎは勿論負担が増えますが、逆に暗すぎてもよく見えないため、目見えるように必死になり負担がかかります。また姿勢も不自然になりがちです。

モニターの明るさ(輝度)には、部屋の明るさとの良好なバランスが存在します。まずは、部屋を明るくし、それに合わせて眩しくないようにモニターの輝度を調整するようにしましょう。

また、ノングレアタイプのモニターの方が目の負担は少ないと言われていますので、パソコン購入等の際は意識して選択するようにすると良いでしょう。

ブルーライトをカットする

目や身体への負担の大きいブルーライトはできるだけカットしましょう。ブルーライトカットメガネを掛けたり、ブルーライトカットフィルムをモニターに貼るなどの方法がポピュラーです。

また、ブルーライトを軽減するモニター設定のアプリなどのありますので、お手持ちのスマホやパソコンなどにインストールして使うのも手です。

部屋の湿度管理

集中して作業をしていると、無意識のうちに瞬きが減っていたりします。その上部屋が乾燥していると、なおさら目は乾きやすくなり、ドライアイへとつながります。

予防のためにも、加湿器等で湿度を保つように心がけ、目が乾く事での負担を減らしましょう。最近は、デスクの上におけるコンパクトな物も低価格で販売されていますので活用すると良いでしょう。

連続作業時間の上限を決める

結局これが一番大切です。どんなに心がけているつもりでも、集中していると無意識のうちに作業効率を優先してしまい、負担のかかる姿勢に戻ってしまっています。

この姿勢維持にかかる負担と、目にかかる負担を軽減させるには、長くとも1時間作業をしたら10~15分は休むことが必要です。

あんまり休んでばかりいると作業が進まないような気がしてしまうかもしれませんが、こまめな休憩は集中力と身体のパフォーマンスを上げるためには必要で、かえって驚くほど効率的に作業が進む事になると思いますよ。

焦っても、ミスばかり増えてしまったり…いいことは何一つありません。

こまめに手を休め、休憩時は視点を遠くに移して毛様体筋をリラックスさせ、伸びをしたりして体全体の血流が滞らないようすることが大切です。

☑まとめ

VDT症候群の症状や原因、対策について解説してきました。眼精疲労についての記事をご覧になった方は、「あれ?なんか読んだことがある?」と思われるかもしれませんが、そうなんです…眼精疲労と症状や対策はほとんど同じなんです。

というのも、VDTを使った作業により発する症状が慢性化すると、眼精疲労になっていきます。また、作業に集中して瞬きの回数が少なくなると、ドライアイにもなっていきます。全て関連していることなのです。

特に、昨今の眼精疲労の原因として一番多いのがこの連続したVDT作業によるものです。

今や、現代社会において、VDT機器は切っても切れないものとなっていますので、どのようにして上手く付き合っていくかが非常に大切です。

いくら集中していても、必ず休憩を入れるというのは、眼精疲労やVDT症候群を予防するためのみならず、作業の効率を上げるためには必要な事です。

適時の休憩は軍隊の行軍においても、最大限に能力を発揮し、最速での行動をするためにあえて取り入れられている程に重要性が認められていることです。

決して自分の身体を過信せず、適度な休憩と、目を保護するためにブルーライトカットのアイテムなどを上手く活用して行くようにしましょうね。